20代にもかかわらず虫歯が多い僕がついに入れ歯の危機!インプラントという歯科治療を実施する方向で現在検討中。
手術後の経過 | 歯治療日誌 | 今までの経緯 | インプラント | 虫歯予防 | 確定申告 | はじめに | Twitter投稿 | 未分類 | 
カテゴリー
スポンサー1
リコメンド
配送料無料!
電動歯ブラシ
" "

ガム デンタルフロス


薬用歯磨き粉


【医薬部外品】デンタルポリスリンス


GUM歯間ブラシ


危ない歯医者さんの見分け方


インプラント歯科医の選び方


キシリトールガム
インプラント歯科治療日記
≪2007.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2008.02≫
プロフィール
昔から虫歯が多かったのですが、ついに歯を抜かなくてはならないと宣告されました。。 でも、お金をかければいろいろな方法があるとのこと。 そんな歯の治療の状況を書き綴るブログです。

歯医者嫌い

Author:歯医者嫌い

カウンター
検索
 
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Twitter
リンク
QRコード
QRコード
RSSフィード
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム
「 2008年01月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.01.28 Mon
インプラントにするか歯科医と相談(2)
前回はリスクについて、話したが、今回は実際にインプラント歯科治療完了までのスケジュールとその間の金額の目安について書きましたが、今回はスケジュールと金額の目安についてです。

スケジュールはだいたい以下のように想定しているとのこと。
■抜歯
↕ 3~4ヶ月 *状況により判断
■1次手術(骨に穴を開けインプラント根っこ部分を入れる)
↕ 約3ヶ月
■2次手術(根っこ部分と歯となる部分の間の部分を構築)
↕ 約2ヶ月
■インプラント(実際の歯)をセット

なので、Total9ヶ月程度かかる見込み。


また、要する金額は、
■1次手術にて30万円
■インプラントセット時に10万円
*2次手術時には1次手術時にあわせて支払うことになり費用はかからない

また上記の他に
■1次手術前にCTスキャンを取る必要があるため、保険適用外の費用約3万円が必要
■もし、人工骨を入れる必要がある場合は、さらに5万円の費用が必要

その他、抜歯や軽微な治療、回復度合いの確認等に保険適用も含めて通常範囲の金額が必要となること。

ざっくりと50万円程度の支出を見込んでおけば大丈夫とのこと。
なかなか高額ですね。。。


一応、金額を考えた上で、検討する旨、返事をしました。
そして、詰め物が減ってきているので、再度詰めなおしてもらい、治療は終了しました。
金額は110円。

次回は2週間後に予約をして終わりました。

今の状況としては、丁寧に説明してもらい、聞いている限りでは、やはりインプラントが良いかなと思っています。

しかし、ちょっと不満なのは、ネットで調べて知っていた喫煙している場合のリスクの説明がなかったことや、人工骨の材質(牛の骨とか使う場合もあるらしい)について、具体的な説明がなかったことがちょっと不安です。
次回はそれについて聞いてみたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
歯治療日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.27 Sun
インプラントにするか歯科医と相談(1)
今週は、歯医者にて治療の方針を相談するということで行ってきました。
いつもどおり、治療する席に座りますが、歯科医と話すだけです。

前回の話では、虫歯の対応方法は①放っておく、②ブリッジ③インプラントという方法があり、どれにするかを検討しておく。という僕の宿題でした。
歯科医には、インプラントの方向で考えているが、本日は、リスクとスケジュール(治療の期間といつ、いくら支払う必要があるのか)について教えてほしいと話しました。
かなり具体的にわかりやすく説明してもらいました。

本日はその中でも、インプラントのリスクとそのマネジメント方法について書きます。

リスクは主に以下があるとのこと
(1)歯周病になってインプラントした骨自体がだめになる
インプラントにすると、天然の歯と異なり、毛細血管等がないため、栄養が十分にまわらず歯周病になるリスクが高まるとのこと。
結果、インプラントした歯茎の骨までだめになってしまう可能性がある。
(2)インプラント手術に失敗する
骨がくだけるとか、穴を開ける際に熱が発生し、骨が壊死してしまう可能性がある。
(3)歯茎の骨が足りずインプラントを入れられない
通常インプラントの長さは9m~13m程度だが、顎(あご)の骨の中に神経が通っていて、そこまでいくと顎が麻痺してしまう。また、顎の骨の形は人それぞれであり、その形状によっては骨が砕けたり、インプラントが骨を突き出したりしてしまう。

しかし、それぞれ、リスクマネジメントを用意しているとのこと。
(1)歯周病になってインプラントした骨自体がだめになる
私の場合は、そもそも口内環境が良く、また今後も以下の二つを徹底することで抑えることが可能であるとのこと。
■歯をきちんと磨く
■定期健診で確認する
さらに、結局インプラント自体がだめになったらインプラントを取り除く必要があるが、その後、前後の歯でブリッジするという方法で対応することが可能とのこと。
⇒この点については、自分の努力で改善することが可能のようである。インプラント自体がだめになるというのは想像すると怖いが、その場合でも他の方法が残されているというのは心強いと思う。

(2)インプラント手術に失敗する
インプラント手術経験の理事長が行うこと。
事前にCTをとり良く検討すること。
近年のインプラント技術では、発達しているので、このようなことはほぼありえないとのこと。
⇒経験によって抑えるというニュアンスで、そうなったらごめんね。というようにも聞こえるが、他の歯医者でやってもらうより、うちの方が良いですよと言っているようにも聞こえる。
また、失敗した場合の保証や対応などについては聞くことができなかった。(気分的に聞くことができなかったが、本当はこのようなことまできっちり聞いておくのが良いのだと思う)
しかし、ネットを見ていても、このようなケースはあまり出てこないので、とりあえずこの点についてはあまり問題が無いようである。

(3)歯茎の骨が足りずインプラントを入れられない
私の場合は、現状歯茎の骨の部分も若干病気になってきており、骨が足りなくなる可能性がある。
しかし、年齢とレントゲンの状況では、病気の部分を取り除いてから、骨が自然に再生される可能性が高く、さらにちょっとでも再生されれば、インプラントの長さとしては余裕があるため、足りないということになる可能性は低いだろうということ。
また、まったく再生が無く後退した場合は、人工骨を入れることで対応することが可能であるということ。
⇒人工骨については考慮したほうが良いが、この点については、早めに決断して病気を取り除く方が良いのだろうと思った。

明日は、スケジュールについて、説明します。


テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
歯治療日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.24 Thu
虫歯になる原因
昔から虫歯が多かった僕ですが、虫歯になる原因として以下が考えられると話されました。
■歯を磨かない
■歯磨きのやり方が下手
■唾液の分泌量が少ない

1つ目と2つ目は良くわかるのですが、3つめは意外な内容でした。

何でも唾液には虫歯を抑制する効果があるということ。
なので、そもそも体質として唾液が少ない人もいるそうですが、生活規則が悪かったり、水分の摂取が少なかったりすることで分泌が減るらしいので、 規則正しい生活を送ることや水をたくさん飲むこと等をすると良いとのことでした。

でも、そんなに直ぐに生活を変えることは難しいですねぇ。

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
虫歯予防    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.22 Tue
インプラントは混合診療が可能?自費?
医療費において、保険が適用される範囲と自費で対応するケースの分類について、ニュースが出ています。
もともとの問題はがん患者のケースが混合医療を認められないのは違法として起こした訴訟ですが、インプラント治療についても同じようなケースが言えるのではないかというニュースです。

まず、混合医療とは、Wikipediaによると「医療における保険診療に保険外診療(自由診療)を併用すること」とあるます。
つまり、治療の全てが保険適用外にならず、保険で認められている範囲は保険を適用し、そうでない部分のみ自費負担となるという意味のようです。

以下ニュースサイトより引用
------
たとえば歯科のケース。虫歯を治療した場合、歯にかぶせるものを保険適用の金属にするか、セラミックか選択を迫られるだろう。ここで、セラミックを選択した場合、その分は自費負担で、検査や虫歯治療は保険適用、つまり混合診療になる。
 だが、抜歯後にインプラントを入れる場合に、「見た目も良いし、長持ちするから」といった理由だと保険適用にならずすべてが自費負担に。
 ところが、「インプラントでも、患者さんの状態で『先進医療』と認められ、その実施を認められた医療機関で受ける場合には、保険適用外の診療も併用できる」(厚労省)。厚労省が認めた先進医療技術は123種類あり、それを行う医療機関も定められている。それ以外の医療機関で受けると、患者が同じ状況でも混合診療は認められない。

------
上記を読むと、インプラントでも、場合によっては、一部費用について保険が適用されると読み取れます。

それでは、具体的にどのようなケースで認められるのでしょうか。

厚生労働省のHPを調べてみると確かにインプラントに関しては、先進医療技術に指定されているようです。
先進医療技術名の中に、
「顎骨の過度の吸収により、従来の可撤性義歯では咀嚼機能の回復が困難なものに限る」
と書かれておりますが、どのような状況をもって、「回復が困難であるのか」を判断できるのかはよくわかりません。

また、さらに別のページには、「先進医療の概要について」という内容が記載されています。
中身を読むと、「先進医療に係る費用」は全額自己負担であるものの、「先進医療に係る費用」以外の通常の治療と共有する部分については、保険の適用が認められる旨書かれている旨読み取れます。

そして、「評価療養」及び「選定療養」を受けたときに、療養全体にかかる費用のうち基礎的部分については保険給付をし、特別料金部分については全額自己負担とするとかかれています。
この評価療養と選定療養については、厚生労働省にルールが記載されています。

ただ、これだけを読んでみても、素人には、インプラントが適用されるのかはよくわかりません。
僕の場合、なんとなくですが、それほどひどくもないので、該当しないのかなぁと思いますが、歯医者に確認してみたいと思います。

-関連サイト-----
厚生労働省 先進医療の概要について
厚生労働省 先進医療の各技術の概要
厚生労働省 先進医療を実施している医療機関の一覧
--------------

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
インプラント    Comment(34)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.20 Sun
今までの経緯(6)
定期健診に移行しましたが、その2ヵ月後くらい。
グミが結構好きで、その日も外国製の固めのグミを食べていました。
そしたら、ガッと音がして、やな予感は的中。銀歯が抜けてしまいました。

そのため、定期健診よりも早く、歯医者へ。
先生は、「例のところですねぇ。」と。

そこで、また治療の方針を確認してもらいました。
このまま、何も見ずにかぶせるか。さらに中をあけてみて見るか。

何でも、銀歯がとれたのは上の部分だけで、中にまだ過去に治療した詰め物が残っているとのこと。
その詰め物は奥歯なので、圧力等のことを考えて根っこの部分に力が行くようにしなければならないのに、そのように詰められておらず、下に力がかかり、結果歯に穴が開いてしまい歯茎まで病気が広がっている可能性が高いと、具体的に説明してもらいました。

また、歯を抜く必要があるかどうかは、空けてみないとわからないということです。
歯の根っこが大きく前後に分かれており、どちらかを残すことができれば、歯の全てを抜かなくても半分に割ることで治療が可能とのこと。

治療に着手するかは非常に迷いましたが、結局、治療してもらうことにしました。 今後、ほっておいても良くなることはないし、後になって治療が遅かったためにこのような状況になったとしたら、とても残念であるから。

そして、開けた結果が、一番最初の記事で書いたとおり、穴が3箇所開いており、歯を抜くほか無いということでした。
非常に残念ですが、今後はどのように治療をするかについて考えていくことにします。


テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
今までの経緯    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.19 Sat
今までの経緯(5)
次の治療を始めるにあたって、もう一つの大きい虫歯と、細かい虫歯の治療の順番、治療するしないを含めた話をしました。

大きい虫歯については、既に銀歯となっているものですが、レントゲンからその中が虫歯になっていることがわかっており、また、歯茎に穴が開いてしまっている可能性があるということ。
こちらも、極力歯を残す形で治療したほうが良いが、抜かなくてはならない可能性もかなり高いということ。
その際に、方法としてインプラントとブリッジという治療の方法を説明されました。
そして、インプラントの費用はだいたい40万円程度必要となることも説明されました。
また、方法としては、痛みもないので、とりあえずは様子を見て、定期健診の際に毎回確認するという方法もあると説明されました。

まだ、インプラントとブリッジという内容も良くわからず、インプラントにする場合の費用もあるので、まずは様子見とすることにしました。
そして、細かい虫歯の治療が3本程度あったので、そちらの治療をすることにしました。

3本の軽い虫歯はまとめてやってもらい、1ヶ月程度で全て終了しました。その時点で、定期健診に移行しました。

それまで、1年半弱くらい通っていた歯医者にもう行かなくなると思うとちょっと寂しくなるくらいお世話になりました。
実は、この治療の間に引越しをしましたが、ここの歯医者が良かったので、引っ越した後の今もまだ通っています。
別に宣伝するわけではないですが、東京都江東区の豊洲駅近くのショッピングセンター2階に入っている歯医者さんです。
もし、近くに住んでいる方がいましたら、良いかと思います。

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
今までの経緯    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.18 Fri
今までの経緯(4)
1本目の虫歯の治療。続きの続き。

根っこの治療が無事に終わり、やっとかぶせる処置をする段階にきました。
この段階で、選択肢をひとつ用意されました。

かぶせものを金やプラチナ等にするか、通常のア何とかという素材にするか。という選択です。
前者は保険の適用外ですが、溶けにくい素材とのこと。
後者は保険の適用内であるが、溶けやすい素材とのこと。

歯医者さんの見解は、今回の場合、歯茎に密着する部分が金属になるため、ア何とかという素材にすると、素材が溶け、歯茎に黒い着色が発生する場合があるとのこと。
なので、お金に余裕があるのであれば、前者を選ぶほうがよいとのこと。お値段2万ちょっとでした。
2万は消して安い金額ではありませんでしたが、ケチって後悔するのも嫌だったので、1週間考え、前者にすることにしました。

因みに、かぶせものは、2段階になっており、根っこの部分の土台となるかぶせものと、歯として使用する一番上のかぶせものの二つにわけていて、一番上のかぶせものは通常の保険の適用内の素材にしました。


数週間後、無事かぶせものを入れることができ、長い治療が終わりました。


テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
今までの経緯    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.17 Thu
今までの経緯(3)
1本目の虫歯の治療。続き。
治療に入ると、まずは虫歯が根っこのどこまで広がっているか確認しました。
そして、根っこの治療をしました(レザーとか針金のようなものでゴシゴシするような治療でした)

治療に入ってからの期間はだいたい以下のようなかんじでした。
この根っこの治療に入るまでに1ヶ月半。(だいたい2週間に1度のペースで通院)
そして、根っこの治療が5ヶ月ほどしました。(だいたい1ヶ月に1度のペースで通院)

また、この期間は治療費も安かったです。

僕の場合は比較的治療期間が長いようです。
理由は、根っこの先のほうが曲がっていることや、途中で根っこが二つに分かれている等の根っこの形状と比較的奥まで虫歯が広がっていたからとのこと。
でも、幸い根っこの内部だけに留まっており、その先の肉の部分までは広がっていなかったため、歯を抜くなどの必要はないとのことでした。

歯医者さんによっては、このような状況で歯を抜いてしまう治療をするところもあるようです。
うちはなるべく歯を残すような処置をする。と話していました。ありがたいと思うと同時に、ちょっとセールストークなのかなとも思いましたが。。

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
歯治療日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.16 Wed
今までの経緯(2)
1本目の虫歯の治療。
これは、治療が完了するまで、結果的に8ヶ月くらいの時間がかかりました。

=虫歯の状況=
歯の上の部分はほぼ虫歯で、さらに根っこにも虫歯が入ってしまっているとのこと。

=治療の方針=
極力今の歯を残す方向で進める。しかし、状況を診察するのと、自然に回復力にも任せるので時間を要してしまう。
さらに、治療の過程で回復するようでなければ、歯を抜く必要が出てくる。とのこと。
抜く必要がある場合は、インプラントか入れ歯か、そのまま放置という方法があるとのこと。

まずは、上記の説明してもらい、了解したうえで治療に入ることにしました。


テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
今までの経緯    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.15 Tue
今までの経緯(1)
現在までの経緯を説明します。

もう1年半くらい前のこと、銀歯が取れたことをきっかけに、歯医者へ行くことにしました。
歯医者は当時住んでいた場所の近いという理由で決めました。
その歯医者歯医者名に「インプラントセンター」という名前が入っており、当時何だろうなとは思ったものの気にしていませんでしたが、結果的にこの歯医者にしておいてよかったです。

診察を受けた結果、比較的大きい虫歯が2本。小さい虫歯が3箇所程度あるとのこと。
治療の順序は、まずは今回取れてしまった銀歯の治療(大きい虫歯)をした後に状況を見て相談してから勧めましょうとのこと。

今まで行っていた歯医者と違って、状況や治療の方針を細かく説明してくれ、最初の印象としては、信頼度がとても高かったです。
ただ、この歯医者は人気があるのか、周りにあまり人がいないのか、担当の先生が大学でも仕事をしているらしく空きが少ないのか、とても予約を取るのが大変でした。その点についてはちょっと不満が残りました。

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
今までの経緯    Comment(27)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.14 Mon
インプラントとは?(2)
インプラントの技術はどうなのだろうか?

水口歯科さんのウェブページによると、
現代インプラントはどのインプラントシステムを使っても大変優れており、その成功率は大変高いので、安心して治療を受けることができます。ほんの10年程前までは、インプラント学会などでは、インプラントの予知性(長持ちについて)やインプラントの咬合力(咬む力)などが話題になっていましたが、今はもうすでにインプラントが長持ちすることや強くかめることなどはあたりまえであり、その是非を問う時代は終わったと言えます。
 とのこと。なるほど、技術としてはそれなりに確立されているようです。

しかし、まだまだ問題はあるようで、
■インプラントする部分によっては、技術力が必要
■インプラントを入れた後の回復時間
■美しくインプラントを入れる方法
などなど、研究されているみたいです。

また、現状の技術の動向もありますが、歯科医の技術力にも差があるようで、実績があり良く知っている歯科医に見てもらうのが良いようです。
でも、いったい良い歯科医と悪い歯科医を見分けるのはどのようにすれば良いのでしょうか。。。


それにしても、写真とかで見ると生々しくて、怖くなります。。。

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
インプラント    Comment(28)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.13 Sun
インプラントとは?(1)
Googleでインプラントと調べれば結果は山ほど出てきます。
歯医者としても儲かる商売なのかもしれません。

インプラントとは、顎に棒状の金属を埋め込み、その先に人工の歯を付けて固定する技術のことらしいです。

顎の骨に固定されるので、噛む力も強く、メンテナンスに手間もかからないことがメリットのようです。
入れ歯のようにメンテナンスがかかり、噛む力も実際の歯と比べると格段に低くなるし、ブリッジという治療では、前後の健康な歯を銀歯にする必要があり、もったいないので、インプラントが良いという消去方になるようです。

でも、技術自体に問題はないのだろうか?
この先老いていく上で問題はないのか?

いろいろな不安は残ります。

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
インプラント    Comment(28)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.12 Sat
虫歯の症状
今の僕の症状ですが、右下の奥歯が虫歯になっており、歯の下(根っこの近く)の部分がすでに病気になっていて、この歯は通常の治療することが難しい状況にあるとのことです。

対応方法としては、以下の方法があるらしいのです
■ブリッジ
インプラント

また、どちらも嫌な場合は、「無理やり詰め物をする」や「抜いたままで放置」という方法も選べますが、歯科医としては勧めることはできないということでした。

インプラントが良さそうに思えるのですが、技術がよくわからないし、保険適用外で値段も高く、顎に金属を入れるということなので、不安です。
今後どうすべきなのか、とりあえず調べてみることにします。

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
歯治療日誌    Comment(31)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.11 Fri
はじめに ~ブログ紹介~
昔から虫歯が多く、悩まされていた僕ですが、ついに奥歯を抜かなくてはならないくらい虫歯が悪化してしまいました。
このブログは虫歯との闘病記です。
と大げさに書いていますが、
実際の治療日誌やよくわからない歯の病気についてやよくわからない治療方法について書いていこうと思っています。

スポンサーサイト

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
はじめに    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2008.01.10 Thu
検索結果

未分類    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。