20代にもかかわらず虫歯が多い僕がついに入れ歯の危機!インプラントという歯科治療を実施する方向で現在検討中。
手術後の経過 | 歯治療日誌 | 今までの経緯 | インプラント | 虫歯予防 | 確定申告 | はじめに | Twitter投稿 | 未分類 | 
カテゴリー
スポンサー1
リコメンド
配送料無料!
電動歯ブラシ
" "

ガム デンタルフロス


薬用歯磨き粉


【医薬部外品】デンタルポリスリンス


GUM歯間ブラシ


危ない歯医者さんの見分け方


インプラント歯科医の選び方


キシリトールガム
インプラント歯科治療日記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール
昔から虫歯が多かったのですが、ついに歯を抜かなくてはならないと宣告されました。。 でも、お金をかければいろいろな方法があるとのこと。 そんな歯の治療の状況を書き綴るブログです。

歯医者嫌い

Author:歯医者嫌い

カウンター
検索
 
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Twitter
リンク
QRコード
QRコード
RSSフィード
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.01.20 Sun
今までの経緯(6)
定期健診に移行しましたが、その2ヵ月後くらい。
グミが結構好きで、その日も外国製の固めのグミを食べていました。
そしたら、ガッと音がして、やな予感は的中。銀歯が抜けてしまいました。

そのため、定期健診よりも早く、歯医者へ。
先生は、「例のところですねぇ。」と。

そこで、また治療の方針を確認してもらいました。
このまま、何も見ずにかぶせるか。さらに中をあけてみて見るか。

何でも、銀歯がとれたのは上の部分だけで、中にまだ過去に治療した詰め物が残っているとのこと。
その詰め物は奥歯なので、圧力等のことを考えて根っこの部分に力が行くようにしなければならないのに、そのように詰められておらず、下に力がかかり、結果歯に穴が開いてしまい歯茎まで病気が広がっている可能性が高いと、具体的に説明してもらいました。

また、歯を抜く必要があるかどうかは、空けてみないとわからないということです。
歯の根っこが大きく前後に分かれており、どちらかを残すことができれば、歯の全てを抜かなくても半分に割ることで治療が可能とのこと。

治療に着手するかは非常に迷いましたが、結局、治療してもらうことにしました。 今後、ほっておいても良くなることはないし、後になって治療が遅かったためにこのような状況になったとしたら、とても残念であるから。

そして、開けた結果が、一番最初の記事で書いたとおり、穴が3箇所開いており、歯を抜くほか無いということでした。
非常に残念ですが、今後はどのように治療をするかについて考えていくことにします。


スポンサーサイト

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
今までの経緯    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://dental184.blog42.fc2.com/tb.php/12-decdabfd

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。