20代にもかかわらず虫歯が多い僕がついに入れ歯の危機!インプラントという歯科治療を実施する方向で現在検討中。
手術後の経過 | 歯治療日誌 | 今までの経緯 | インプラント | 虫歯予防 | 確定申告 | はじめに | Twitter投稿 | 未分類 | 
カテゴリー
スポンサー1
リコメンド
配送料無料!
電動歯ブラシ
" "

ガム デンタルフロス


薬用歯磨き粉


【医薬部外品】デンタルポリスリンス


GUM歯間ブラシ


危ない歯医者さんの見分け方


インプラント歯科医の選び方


キシリトールガム
インプラント歯科治療日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール
昔から虫歯が多かったのですが、ついに歯を抜かなくてはならないと宣告されました。。 でも、お金をかければいろいろな方法があるとのこと。 そんな歯の治療の状況を書き綴るブログです。

歯医者嫌い

Author:歯医者嫌い

カウンター
検索
 
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Twitter
リンク
QRコード
QRコード
RSSフィード
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.04.13 Sun
歯磨きトレーニング
今回は歯磨きトレーニングということで、一時間程度の診療?というか、本当に習うかんじの練習でした。
そして、驚いたのが、歯間ブラシとか使ってやるのかと思いきや、純粋な歯磨きのトレーニングでした。

まずは、歯ブラシを使って、いつもどおりの歯磨きをした上で、歯垢がどの程度残っているかが色でわかる薬品を使って、自分の弱点部分のチェックです。
遠い昔の小学生の時にこのようなチェックをやった覚えがあります。

実は、歯医者に来る前に歯磨きをしていたのですが、さらに念入りに磨いて、薬品でチェックしてみると。
大方磨けているのですが、驚くことに全ての歯の端っこ部分がきれいに残ってしまっているとのこと。
これは、立体的な歯を平面的に一生懸命磨いたところで、歯ブラシの形と口の構造上、とどかないかららしく、歯の形に合わせて磨くことが重要との事。
これをするだけで、大分歯について歯垢はとれるのが、色を見ながらやるとわかりました。

加えて、実際に歯を見ながらアドバイスしてもらいました。
強く磨く傾向があるらしく、シャカシャカという感じで、磨けばよいということ。
立体的に磨くためにも、必ず鏡を見て、どこをどのように磨いているのか判別しておく。
あとは、若干裏側の磨きも甘いらしいですが、先ほどの立体的に磨くことを意識してやればよいとのこと。

歯磨きトレーニングはそれだけ。
歯間ブラシフロスを使うのも良いが、基本は歯磨きだけでよいとの事。

ちなみにこの薬800円程度で歯医者で売っているとの事。
ちょっと高いなと思って、やめました。。

本日のお会計は600円くらいでした。

もらったアドバイスをまとめると以下。今後はこれを意識して、歯磨きをしたいと思います。
■歯の形に合わせて、立体的に歯を磨くこと
■やさしく、ゆっくり磨けばよい
■歯を磨くときは鏡をみて磨く
■歯の裏側も忘れずに


スポンサーサイト

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
歯治療日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://dental184.blog42.fc2.com/tb.php/27-3b706d0e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。