20代にもかかわらず虫歯が多い僕がついに入れ歯の危機!インプラントという歯科治療を実施する方向で現在検討中。
手術後の経過 | 歯治療日誌 | 今までの経緯 | インプラント | 虫歯予防 | 確定申告 | はじめに | Twitter投稿 | 未分類 | 
カテゴリー
スポンサー1
リコメンド
配送料無料!
電動歯ブラシ
" "

ガム デンタルフロス


薬用歯磨き粉


【医薬部外品】デンタルポリスリンス


GUM歯間ブラシ


危ない歯医者さんの見分け方


インプラント歯科医の選び方


キシリトールガム
インプラント歯科治療日記
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール
昔から虫歯が多かったのですが、ついに歯を抜かなくてはならないと宣告されました。。 でも、お金をかければいろいろな方法があるとのこと。 そんな歯の治療の状況を書き綴るブログです。

歯医者嫌い

Author:歯医者嫌い

カウンター
検索
 
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 歯・口・喉の病気へ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Twitter
リンク
QRコード
QRコード
RSSフィード
FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.01.17 Thu
今までの経緯(3)
1本目の虫歯の治療。続き。
治療に入ると、まずは虫歯が根っこのどこまで広がっているか確認しました。
そして、根っこの治療をしました(レザーとか針金のようなものでゴシゴシするような治療でした)

治療に入ってからの期間はだいたい以下のようなかんじでした。
この根っこの治療に入るまでに1ヶ月半。(だいたい2週間に1度のペースで通院)
そして、根っこの治療が5ヶ月ほどしました。(だいたい1ヶ月に1度のペースで通院)

また、この期間は治療費も安かったです。

僕の場合は比較的治療期間が長いようです。
理由は、根っこの先のほうが曲がっていることや、途中で根っこが二つに分かれている等の根っこの形状と比較的奥まで虫歯が広がっていたからとのこと。
でも、幸い根っこの内部だけに留まっており、その先の肉の部分までは広がっていなかったため、歯を抜くなどの必要はないとのことでした。

歯医者さんによっては、このような状況で歯を抜いてしまう治療をするところもあるようです。
うちはなるべく歯を残すような処置をする。と話していました。ありがたいと思うと同時に、ちょっとセールストークなのかなとも思いましたが。。

スポンサーサイト

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット
歯治療日誌    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://dental184.blog42.fc2.com/tb.php/9-82d51306

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。